Arduino開発環境の準備

Arduinoの統合開発環境(IDE)を準備します。
といっても正直インストールするだけなので簡単です。

IDEをダウンロードする

まずは、以下のページへ行って自分の環境にあったインストーラーをダウンロードします。

https://www.arduino.cc/en/Main/Software

2016年11月26日現在以下のOSに対応したソフトが公開されています。ちなみにソースコードも公開されてます。

  • Windows インストーラー版、Zipファイル
  • Windows app
  • Mac OS X 10.7 Lion以上
  • Linux 32bit
  • Linux 64bit
  • Linux ARM

さっそくダウンロードしましょう。
右に並んでるメニューから自分の環境にあったものをクリックして下さい。
ここからはWindowsのインストーラー付で説明していきます。
arduino-ide-01

寄付のページへ移動するので、寄付金額を選択します。
寄付をしない場合は「JUST DOWNLOAD」をクリックする。
arduino-ide-02

インストール

ダウンロードしたインストーラーを起動します。
使用承諾書です。「I Agree」を押して次へ。
arduino-ide-03

インストールオプションを選びます。
オプションは上から、

  • Arduinoソフトウエアをインストールする。強制的にチェック。
  • USBドライバーをインストールする。基本はチェックつけたまま。
  • スタートメニューにショートカットを作成。お好みで。
  • デスクトップにショートカットを作成。お好みで。
  • .inoファイルに関連付ける。お好みで。

arduino-ide-04

Nextを押して次へ。

インストール先を選択して「Install」ボタンでインストール。
arduino-ide-05

途中でドライバーをインストールするか聞かれたら「インストール」を選択
arduino-ide-06

arduino-ide-07

以上で統合開発環境のインストールは終了です。簡単でした。

使い始めるにはArduinoと通信するポートを調べたりする必要があります。
↓の記事に書いたので見てくださいね~

Re: ゼロから始める電子工作

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする