Debian8でofficeソフトを使えるようにする(Kingsoft office)

嫁さんがプレゼン用にX200MAを使いたいと言いだして、「windows消しちゃったんだ(てへっ」って言って誤魔化してたんだが、昨日帰宅するなり
「わしがプレゼンする方法ちゃんと考えたか?」
「す、すんませんっ!今すぐ考えますっ!」
ということで、急きょofficeソフトをDebianへインストールすることにします(汗
(嫁のセリフがノンフィクションだったりするのが恐ろしい… ガクガク(((;゚Д゚)))ブルブル)

Linuxで使えるofficeソフトは色々とありますが、Kingsoft offcieという中華製オフィスソフトのLinux版が無料で公開されているのでこれを使うことにします。Debian8にはLibreOfficeというオフィスソフトがインストールされていますが、以前は互換性がいまいちだった印象があるので。
Kingsoft Officeは「いいのこれ?!」と思うぐらいM$オフィスソフトにそっくりです。さすがチャイナクオリティ。
互換性もダントツでマクロを使わなければこいつで十分です。
ちなみに私はWindows版も愛用してて、たしかフォント付で1万円ぐらいだった。

思ってたより簡単にインストールできたので早速行ってみましょう!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

インストール

さっそく公式サイトへアクセスします。
日本向けページにはLinux版が公開されていないので、英語版サイトへ。
kingsoftstore.com

検索してみると64bit版はインストールがめんどくさそうでしたが、公式サイトで64bit版のファイルも公開されていますね。時代は進んだのかな?
Downloads→Office for Linuxと進んで開発コニュのダウンロードページへ移動します。
以下直リンク
ダウンロードページ
2015年5月24日時点での最新版はAlpha18です。
これの64bit版をダウンロードします。
“wps-office_9.1.0.4953~a18_amd64.deb”ってやつですね。

前から疑問なんだが、32bit版はi386なのに64bit版はamd64なのはなんでだろ?インテルのチップでもamdなんだよね??

ファイルをダウンロードしたフォルダへ移動してdpkgコマンドでインストールします。
cd Downloads
sudo dpkg -i wps-office_9.1.0.4953-a18_amd64.deb

無事インストールできました。
スタートメニューの「その他」に配置されてました。
(スタートメニューのカスタマイズは気が向いたら実施しますが今回はこのまま)

ひとまずPresentationを起動してみます。
使用承諾書が表示されるので「I Accept」ボタンで次へ進む。
あっさり立ち上がりますが以下のエラーが出ますね。
Some formula symbols might not be displayed correctly due to missing fon…
どうもフォントが足りなくて一部表示ができんと言っているだけみたいなのでほっときます。
使用に支障は無さそうですがそのうち直そう。

日本語化

日本語化も時代が進んだっぽい。ソフト上から設定可能になってました。
起動中のPresentationの右上に並んでるメニューボタンの「A」マークアイコンをクリックすると言語選択ダイアログが立ち上がります。
日本語を選んでOKを押すと自動でダウンロード~インストールまでやってくれます。
「セットには、起動後に有効になります」とやや不自然な日本語で情報が表示されるので、ソフトを再起動してやります。

ユーザーインターフェース(UI)の切り替え

初期状態では独自ユーザーインターフェースになっているのでMS風に変更します。
右上に並んでるメニューボタンのTシャツっぽいアイコンをクリック。
(なんでTシャツ?と思ったが、UIを服に見立ててるんすね。なるほど)
クラシックインターフェイスを選択してOK。
ソフトを再起動すると、リボン採用前のMSオフィス風インターフェイスになります。

HDMIでの出力確認

個人的な理由ですが(嫁の)プレゼンで使うので、HDMIで外部ディスプレイに接続してちゃんとスライドショーが表示できるのか確認しておきます。
なお、ウィンドウマネージャーはLXDEを使ってます。
外部ディスプレイはメインPCのものを使ってHDMIで接続してます。

物理的につないだらスタートメニューの「設定」から「モニタの設定」を選択
立ち上がるダイアログでHDMIにチェックを入れる。
適用を押すとちゃんとモニターに表示されました。
がしかし、X200MAのディスプレイも同じ解像度になってしまい、画面から表示がはみ出してしまう。
再度HDMIのチェックを外して適用すれば元に戻るのでひとまず対策しないでおきますが、それぞれのモニターを別解像度で表示したいのでやり方が分かったら追記します。

色々と後回しにしましたが、パワポ形式で資料作ってプレゼンできるところまでは行ったので今回はここまで。

編集後記的な何か

ちなみになんでスクリーンショットが無いかというと、スクショ取る方法が分からないからw
誰かおせぇて。m(_ _)m
「ペイント」程度の軽い画像ソフトも欲しいっす。
あと、記事はメインPCで書いてるんだけどX200MAのスクショを簡単に共有する術が無いのもネックになってる。逆に記事データはメインPCにしか入っていないのでこっちも共有してモバイルでも記事を書けるようにしたい。

最近かまってあげてないラズパイにSambaサーバーを立ててやればLAN内でファイル共有できるようになるし、VPNサーバーを立ててiPhoneから接続すれば外部からもLAN内にアクセスできるようになるはず。で、モバイルにもJekyll入れれば記事の更新もできてパッチリなはず。
ということで、次にラズパイをいじるのはこのあたりかなぁ。
そういやWindowsでのJekyll導入記事も書いてないし電源周りもなんとかせんと。
ほんと手がかかって楽しい子たちです。

2015年5月24日 作成・公開

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告