屋根裏Linux

07 Raspberry PiファイルシステムHDD化 その3/3 (起動SDカードを別カードに移行)

(本投稿はメモ書き状態の草稿版です)
HDDにルートファイルシステムを移行 その3/3

前回までで以下の②まで実施しました。

【流れ】
①HDDを接続してパーティションを切ってフォーマット
②HDDへデータを移行
1 sda1にmmcblk0p2の中身をコピー
2 起動時の自動マウント設定を変更 その1
3 /varの内容をsda5へコピー
4 元の/varを別名保存し、/varへsda5をマウント
5 起動時の自動マウント設定を変更 その2
③/dev/mmcblk0p1の内容を別の容量が小さいSDカードへコピー

今回は、最後の③を実施します。
今まで16GのSDカードを使っていましたがブートさせるだけならもっと小さいSDカードで対応できるので勿体ないです。某お化けが出そうです。
余ってる512MのSDカードがあるのでそっちを使おうと思います。
以前確認したブート用のパーティションは60M程度だったのでもっと小さいSDカードでもたぶん大丈夫です。

全部読む

06 Raspberry PiファイルシステムHDD化 その2/3 (/varを別パーティション化)

(本投稿はメモ書き状態の草稿版です)
HDDにルートファイルシステムを移行 その2/3

前回以下の流れの②-2まで実施しました。
今回は、前回sda5として確保したパーティションに/varを移行します。
ルートファイルシステムを1パーティションにする場合は前回まででHDDの設定は終了しているので今回はパスしてください。

【流れ】
①HDDを接続してパーティションを切ってフォーマット
②HDDへデータを移行
1 sda1にmmcblk0p2の中身をコピー
2 起動時の自動マウント設定を変更 その1
3 /varの内容をsda5へコピー
4 元の/varを別名保存し、/varへsda5をマウント
5 起動時の自動マウント設定を変更 その2
③/dev/mmcblk0p1の内容を別の容量が小さいSDカードへコピー

全部読む

05 Raspberry PiファイルシステムHDD化 その1/3 (HDD接続~データ移行)

(本投稿はメモ書き状態の草稿版です)
今回から3回にわたってファイルシステムをHDDへ移行します。
その1ではHDDにルートファイルシステムを移行するところまで実施します。
その2で/varを別パーティション化し、
その3で起動用SDカードを作ります。

Raspberry Piをサーバーとして運用すると24時間稼働しっぱなしになります。
ファイルシステムをSDカードのままにするとlogなどがどんどんSDカードに書き込まれますが、
SDカードには書き込み回数制限があるのでいつか書き込みができなくなって壊れます。
そこで、SDカードは起動のみに使い、全体のシステムをUSB接続のHDDに移行させます。

ちなみにHDDも2.5”サイズだと耐久性に問題がある場合が多いようです。(高耐久のものもあります)
なので3.5”のものを使いましょう。
私の場合はNASとして購入したLandiskを使いました。
個人ストレージとしてiPhoneと連携させようと思って購入しましたが、
メーカー公式のiPhoneアプリがう○こで、繋がらないわすぐ落ちるわで使い物にならなかったので眠ってたものです。
NAS用なので24時間稼働にも耐えられる部品を使っていてほしいですが、アプリの出来をみると大丈夫かちょっと不安です。

全部読む

04 Raspberry Pi 初期セキュリティ設定等

Raspberry PiのファイルシステムをHDDに移行する前に初期のセキュリティ設定だけ実施してしまいましょう。
あと、設定に欠かせないviエディタを高機能版のvimに置き換えます。
もうちょっとちゃんとしたセキュリティ設定は後ほど嫌というほどやりますので今回は以下だけです。

1.OSとファームウェアのアップデート
2.作業ユーザーの作成と初期ユーザーpiの無効化
3.vimのインストールと設定
4.SSHの設定(接続ポートの変更とrootユーザーでのログイン禁止)

全部読む

03 Rasbianインストール~初回起動

今回はOSであるRaspbianをRaspberry Piにインストールして初回起動時のセッティング(+α)を行うところまでを紹介します。簡単なコマンドと設定に必要な最低限のviエディタの使い方も紹介。

今回の流れ

1.OSイメージの準備
2.初回起動と初期設定
(メモ1:UNIXのディレクトリ構成とよく使うコマンド)
(メモ2:viエディタの必要最低限の使い方)
3.追加設定(ネットワーク接続の設定等)
4.ネットワーク接続

第2回で紹介したWindowsツール(HashSum、SDFormatter、Win32DiskImager、TeraTerm)が導入済みの前提での説明になります。

全部読む

« Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 Next »