11 Raspberry Piからメールを送れるようにする その1/2 (独自ドメインの設定)

今回はメール送付設定やWEBサーバ設定の事前準備として独自ドメインの設定を行います。
私の環境はさくらインターネットのレンタルサーバーライト(月額129円)を借りていて、独自ドメインも同じくさくらで取得したので、その条件で設定します。
他のサービスでも基本的な手順は同様と思うので適宜読み替えてください。
なお、独自ドメインの取得までは説明を割愛します。

今後やりたいことは↓
・独自ドメインでWEBページ作成
・サーバはRaspberry Piを使う(暫定)→その後サーバを小型PCへ置き換えてRPiはバックアップサーバにする
・独自ドメインメールは設定がめんどいのでレンタルサーバに処理を任せる

今回はメール設定の前に独自ドメインをレンタルサーバーに割り当ててメールアドレスを作成するところまでやります。
(これ以降はさくらインターネット固有の説明になります)

メールはプロバイダのメールやGmailなどを使う場合は、今回は飛ばして次回を見てください。

さくらのHPから会員メニューにログインします。
契約情報→契約サービスの確認→サーバ設定へと進みます。

さくらサーバー設定

サーバコントロールパネルが開くので、左下のドメイン設定から新しいドメインの追加へ
ドメインの追加

「さくらインターネットで取得したドメインを使う」のなかで
プルダウンから取得した独自ドメインを選択して送信ボタンを押します。

独自ドメインの設定

同じような確認画面が2回出るのでどちらも送信するボタンで先に進む。
完了画面が出るので詳細設定へ進みます。
確認画面

詳細設定はデフォルトのまま一番下の送信をクリック
最後に下の画面になればサーバの登録は終了です。
続いてメールアドレスを設定します。

メールアドレスの設定

Raspberry Piからのメール用アドレスを作成します。
ここではrasberrypi@ドメイン名にしています。
メールアドレスとパスワードを入力して追加ボタン。
ラズパイ用メアド作成

これでメールアドレスが使えるようになりました。
今後raspberry piからのメールはこのメールアドレスに転送して送信するように設定します。
今回はここまで。

2014年4月18日作成
2014年5月5日草稿公開
2018年6月10日リンク修正

スポンサーリンク

未経験からプロのエンジニアスキルを身につけることができる短期集中プログラムのご紹介です。

500時間をかけてフロント/サーバーサイド/インフラのすべてを一通り学ぶことができます。
また、専属のトレーナーと専属のキャリアアドバイザーが学習と就職の両面をサポートしてくれます。

何でも相談できるカウンセリングが無料で受けられます。無理な勧誘は一切行いませんので、お気軽にお申し込みください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする