水ロケット3号機 5/4試射結果

5/4に水ロケット3号機の試し打ちをしてきました。

残念ながら結果は失敗。到達高度10m程度。

  • 60PSIまでしか圧がかけられない(どっか漏れてる?)
  • しばらく粘ってたら継ぎ目から水が噴出(ぎゃー、やっぱ漏れてた!)
  • 慌てて発射するも到達高度は10m程度(水の出方がゆっくり。ノズル開口が有効に使えてない?)
  • パラシュートは放出するも開傘せず(もう少し速度がない開かないかも)
  • 放出装置のタイマー固定がなかなかできない(指痛い)

なので、主な課題としては、

  • タンクの水密性
  • 水の噴出速度

ということで、対策案

  • 漏えい防止にタンクの接着方法を見直す。
  • ノズル部は流路が滑らかになるようにキャップを加工する。並行してホースカプラ無しのランチャーも考える。
  • タイマーの固定はくさびを大きくする

タンクの接着剤とプライマーの入手に時間がかかるので、先にホースカプラ無しのランチャーを作ってます。

ホースカプラ無しだとノズル開口面積が格段に大きくなるので、1.5Lペットボトルでも目標高度の50mにぎり届きそう。

3号機の作成記事は端折って掲載します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告